みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

21年度総会開催のお知らせ

会員各位 


愛川福祉懇話会総会の開催について

 春と冬が行き来している今日この頃ですが、皆様にはお変わりなく
 ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 愛川福祉懇話会の21年度総会を下記のとおり開催いたします。
 ご多忙中とは存じますが、ご出席のほどお願い申し上げます。
 

                  記

     1.日  時  平成22年5月12日(水)10時00分から

     2.場  所  愛川町文化会館3階会議室

     3.そ の 他  年会費(1200円)をご用意ください
[PR]
# by aifukukon | 2010-04-15 16:03 | 愛川福祉懇話会

寄付をいただきました。

4月10日土曜日、“安全な食を考える会”主催の「菜の花祭り」が
峰の原のナタネ農場で開催されました。
暖かな春の陽射しの中、大勢の人が菜の花摘みや模擬店を楽しまれたそうです。

この「菜の花祭り」に協賛して模擬店を出された(有)中津ミート様が
売上金36,300円を愛川福祉懇話会に寄付して下さいました。
会員の会費で行事をこなしている当会には非常にありがたいお申し出、
大切に使わせていただきます。

ありがとうございました。         会長  山田郷子
[PR]
# by aifukukon | 2010-04-13 16:04 | 愛川福祉懇話会

休日交流スペース

  4月17日午後 小島さん宅でお茶とお菓子でおしゃべりします。

  5月22日は午後1時30分から高柳先生のエアロビクスです!
          会場はレディースプラザプレイルーム
          運動のできる服装で、上履き、タオル、飲み物持参で参加してください。
[PR]
# by aifukukon | 2010-04-10 20:04

子ども・子育て支援プロジェクト

072.gif児童部会“あず・すまいる”の事業展開のために県の「子ども・子育て支援プロジェクト」事業に応募して、採用が決定しました。072.gif

書類審査から2次審査のプレゼンにより採用されました。
以下にプレゼンでお話した内容を掲載します。


障害のある子の子育てだからって、大変と思うだけでなく楽しみたい!兄弟も生み育てたい!」自閉症の小3の長女と1歳の次女の子育て真っ最中のお母さんの言葉です。
そう思えるまでにはいろいろ心の中で葛藤があったと思います。でも、仲間を作って子育てを楽しもうと考えたお母さんたちのパワーはさすが!場を提供したらすぐに会が立ち上がりました。児童部会「あず・すまいる」です。
先ほどの言葉は部会長の言葉です。彼女は今日ここに来て自分の言葉で説明をしたいと言っていました。しかし、それが不可能なのが障害児を持つ親の現状です。今回、保育の対応もあるということでしたが、次女を連れてきても小学校へ行っている長女は11時下校です。障害児は学校の方針で昇降口まで親が迎えに行くことになっています。祖父母が近くに住んでいてもだんだん成長していく孫は面倒が見切れなくなり、兄弟に頼みたくても配偶者には拒否されます。彼女は「私の代わりがまったくいない」と言います。

先の見えない不安、話のできる人がいない、わかってもらえない、
「みんなで話しましょう」ではお配りした資料にあるように、様々な意見が出てきました。
そして、子どもが成長する将来、少しでもこの子達が暮らしやすい町になるように、今できることをしていきたいという積極的な発言もありました。
お母さんたちの一番の悩みは、子どもたちが放課後安心して遊べる場が無いことです。家に友達を呼んで遊んでもらっても、トラブルが起きないかお母さんは見守っているようです。町が開設している「かわせみ広場」でも指導員に理解されない、迷惑をかけるのではと思い、行かせられない。お母さんは気が休まりません。
他の子どもの教育費のために働きに出たくても叶いません。障害児の日中一時支援は、町社会福祉協議会が夏休みに行う「わんぱクラブ」だけです。
2月からはお母さんたちが町内会の公民館を借りて集まりを持ち始めました。幼児を抱え話し合いを重ね、今後は定期的に子どもの遊べる場にしていきます。これを1週間に1回のペースでしていきます。
また、子育てにはお父さんのかかわりが大切です。今しかできないこの時期の子育てにお父さんもかかわりやすいようにお父さんの出番を作ります。今考えているのは、三人の子どもがそれぞれ障害を持っている、うすいまさとさんのライブをお父さんに企画してもらい、父親同士の子育てトークなども盛り込みたいと思います。
また、秦野精華園の利用者たちのバンド「サルサ・ガムテープ」のコンサートなら、町立社協運営の作業所「ありんこ作業所」の所員がボランティアの指導で励んでいる太鼓とのジョイントなどもいいかなと夢が膨らみます。
これらの企画は一般の人にも入場していただき、障害を伝えることにもなります。昨年の夏に「あぶあぶあの奇跡」という神戸の知的障害を持つ人たちのあぶあぶあ楽団の27年間の活動のドキュメンタリー映画の上映会を開催しました。上映前には私たちの会の活動の様子を映画主題歌のウィズユースマイルと共に映し出し、上映後には会場の皆さんと手振りを交えウイズユースマイルを大合唱をし、一体感を感じました。今までこのような活動や講演会を障害を理解してもらう活動と捉えてきましたが、2月に白梅学園大学の堀江教授のお話を聞き、別の方法を試すことにしました。それが④の活動です。日頃知的障害の人たちがかかわりを持ちそうな、コンビニの店員さんや警察官に障害特性を理解していただく活動です。コンビニで品物の並べ替えをしてしまったり、路上で不審者として通報されたり、誤解されることが多いのが実情です。広く多くの人に理解してもらうのではなく先ず必要な人を理解者にしていきます。お医者さんもそうです。

そしてお母さんの情報交換の場が必要です。子育て経験者の話を聞いたり、お菓子作りなどをして自分を開放する時間も大切にしたいです。

研修会は小児療育センターの菅井先生や発達障害支援センターかながわA(エース)、又、座間市の座間キャラバン隊をお願いし、障害児を抱えながら障害を理解してもらう活動を始めた経緯などもお聞きしたいと思います。

私たちの活動が目指すのは、自分の子にとってプラスになることだけでなく、障害児も高齢者も健常な人たちもこの町で暮らすみんなが安心して暮らし続けられる共生の街づくりです。

この一年の活動はいろいろな場面で多くの人に援けられてきました。今回のこの事業も自分たちで動けば協力者も現れ、必ず実現できるものと思います。



 1 事業の具体的内容

①放課後広場「すまいる」月4回 午後2時~午後5時(母親とボランティアで放課後の居場所提供)
②母親クラブ 月1回(母親同士の情報交換-保育ボラ協力)
③子育て研修会 年3回(小児療育相談センターに依頼)
④障害を伝える活動
⑤お父さんの出番です!(障害児者も楽しめる音楽会などの企画運営をお父さんがする)

2 事業の目標
①放課後広場「すまいる」・・児童10人参加予定
②母親クラブ・・会員15人と非会員5人程度
③子育て研修会・・子育て中の親に呼びかける。
         毎回20~30人程度
④障害を伝える活動・・地域のコンビニ事業所や警察官など日ごろ障害者と関わりを持つ方々に障        害特性を知ってもらう活動
⑤お父さんの出番です!・・子育てにお父さんも参加してもらうため、お父さんに楽しい事業を企画        実施してもらう。年2回程度
[PR]
# by aifukukon | 2010-04-01 09:49 | 愛川福祉懇話会

みんなで楽しみました!

今日、高柳先生のご指導で2回目のエアロビを楽しみました。

会場がレディースプラザのプレイルームだったので広くてのびのびできました。a0145216_21364530.jpg

児童部のメンバーが親子で参加したのでにぎやかでした。a0145216_21371311.jpg

次回は5月22日(土)1時30分開始2時45分終了
会場はレディースプラザプレイルームです。
お楽しみに!
[PR]
# by aifukukon | 2010-03-20 21:40 | 休日交流スペース

パルシステム神奈川ゆめコープ市民活動応援プログラム運営委員会特別賞をいただきました

11日、パルシステム神奈川ゆめコープ市民活動応援プログラムから助成金を受けた団体の
報告・交流会が横浜で行われ、3人で出席して来ました。

a0145216_21172679.jpg
この助成金に応募した71団体の内、24団体が総額399万7千円の助成を受けて活動ができたことになります。 交流会の始まりは参加各団体メンバーが12ブロックに分散し、パルシステム商品の試食をしながらお互いを知り合い、意見を交わしあうことでした。


a0145216_21181734.jpg

次に各団体のチラシなどが置かれたテーブルを自由に訪ね合い交流を深めるという企画で、本会と関わりあえる団体と名刺やチラシを交換し、今後の活動に力を得られる期待が膨らみました。




私たちの団体は報告・交流会に於いて、「都筑フードネットワーク」と共に市民活動支援運営委員会特別賞までいただきました。
下記に受賞時の挨拶を記します。

皆様こんにちは
ご紹介いただきました愛川福祉懇話会と申します。
神奈川の片隅、宮が瀬ダム直下の町、愛川から参りました。
このたびは小さな町の小さな団体に大きな喜びをいただきました。
会員一同感謝しております。そして運営委員会特別賞までいただき、本当にありがとうございます。
また、見ず知らずの組合員さんから賛助金もいただきうれしく思っています。
愛川福祉懇話会では、助成金が弾みになり、体験宿泊や休日交流スペース事業がつつがなく進みました。
プロジェクトの事務局から、組合員に情報発信をと勧められ、ブログも開設できました。
この1年、自分たちの力以上の活動ができたように思います。
弱小団体には助成金や、ちょっとした後押し・情報が大切だと痛感します。
今年度は当初計画には無かった障害幼児や特別支援学級児童の保護者が中心になって活動する
児童部会が発足し、団体の中で小さな部会を育てていくことに、パルシステム市民活動応援
プロジェクトで育てていただいたことを生かしていきたいと思います。
今日もこのような団体同士の交流の場を設けていただき、情報交換に励んで来年につなげたいと思います。
ありがとうございました


組合員賛助金とは組合員が個人的に応援したいと思った応募団体に一口200円をカンパしてくださるもので、総額18万5600円にもなりました。最高に応援を受けた組合員応援賞は「てのひら~人身売買に立ち向かう会」でした。
人身売買は遠い他国のことではありません。いとも簡単に中高生が自身を売っている現実があるのです。この会の代表は私的生活がぼろぼろになるほど関わっているという事でした。
交流会に参加して民間の人々の力強さに心打たれて帰ってまいりました。

運営委員会のメンバーに家政学院大学大学院の藤掛洋子准教授がおられます。
准教授ご自身がパラグアイの子供たちに教育の機会を提供するミタイ基金を設立して活動されておられる教育者であり、活動家です。a0145216_21202991.jpg
ご挨拶をした折に、ゼミで自らのことを話してくれる障害者について問われました。
何人か思い浮かぶことをお伝えしました。今後どのような展開になるか分かりませんが、多くの人がいろいろな経験を積めればいいなと思います。それにはとにかく出かけていって人と関わりあいを持つことだと感じました。
                                    (K.Y, Y.M)
[PR]
# by aifukukon | 2010-03-12 13:12 | 愛川福祉懇話会

第2回 エアロビ

音楽に合わせて体操するよ~!

     愛川福祉懇話会 休日交流スペース
       エアロビクス 2回目 070.gif

日時  3月20日(土)
     13:30~14:45
会場  レディースプラザ プレイルーム

参加費 ・・・無料
持ち物 ・・・動きやすい服装
上履き・タオル、飲物

どなたでも参加できます
高柳先生と楽しみましょう。


問い合わせ   TEL 285-1997 小島
       090-8052-2485  足立原 
[PR]
# by aifukukon | 2010-03-10 21:36 | 休日交流スペース

お知らせ

<愛川福祉懇話会主催      ~児童部会第2回会合~056.gif
2月23日に第1回児童部会会合を持ちました。15人プラス就学前の子ども
たちでにぎやかでした。
3月は2回の集まりを持ちたいと思います。
3月8日は親子でできる遊びを考えています。春休みに入ってから、もう一度
集まります。子どもたちも一緒に交流したいと思います。
         
初めて参加される方も大歓迎です。仲間に入りませんか?
         どなたでもお気軽にご参加下さい!
日 時  3月8日(月)10時~14時
場 所  楠公民館(古民家山十邸の庭続き) 


昼食の用意はございませんので最後まで残られる方は昼食をお持ち下さい。
お子様連れの方はおもちゃ等ご用意してください。
駐車場が余りありません。乗り合わせてお願します。

詳しいことをお聞きになりたい方は下記にお問い合わせ下さい。
      漆田千鶴  080-3006-1727
      小原悦子  090-2916-2693
[PR]
# by aifukukon | 2010-03-05 17:51 | スケジュール

定例会開催

“定例会開催のお知らせ”          愛川福祉懇話会

立春も過ぎ本格的な春が待ち遠しいこの頃です。
映画会、講演会、宿泊体験、交流スペースといろいろ行ってまいりましたが、本会の活動も年度のまとめの時期となりました。下記の通り定例会を開催しますのでご出席よろしくお願いします。

  日 時   H22年2月19日(金) 午前10時~12時

  会 場   愛川町福祉センター3階会議室

  内 容   21年度事業報告と児童部会の説明
        2月10日福祉支援課と愛川福祉懇話会との話し合い―報告
        来年度に向けて(要望をお寄せください)
        意見交換 
        その他
[PR]
# by aifukukon | 2010-02-14 21:22 | スケジュール

事業報告

a0145216_1784765.jpg


a0145216_1785789.jpg

[PR]
# by aifukukon | 2010-02-14 16:37 | 愛川福祉懇話会

あいかわ工房のエコ石鹸

2月11日 建国記念の日に恒例の「ボランティアのつどい」が開催されました。
主催は愛川町ボランティア連絡協議会と愛川町社会福祉協議会。

毎年いろいろ趣向を変えて行われています。今年のメインは地域でボランティアの手で行われている「高齢者サロン」の活動発表でした。そのほかボランティア団体の活動がパネルに展示され、食生活改善グループの体験試食会、町内地域作業所の製品展示販売が行われました。

愛川福祉懇話会団体会員あいかわ工房も販売していました。主に、製縫ボランティアが愛川特産のシルクのネクタイ生地で作るバック類と小物です。一緒に最近始めたオリジナル商品として、改良に改良を重ねた廃油石鹸fが販売されていました。
a0145216_17465863.jpg


3個200円で買い求めてきました。使ってみると泡立ちがよく、油のにおいが気になりません。

油に千日紅のエキスを加えて手に優しいと書いてあります。皆様も使ってみてください。
あいかわ工房の情報はHPをご覧ください。(町社会福祉協議会やあいかわ町民活動サポートセンターのHPとリンクしています)
[PR]
# by aifukukon | 2010-02-13 13:09 | その他

成年後見制度

成年後見制度が出来て10年、気になりながらも詳しく知る手だても知りませんでした。
2月6日、愛名やまゆり園 地域生活サポートセミナー に仲間と参加してきました。
講座の内容を紹介します。

この街に暮らす
 私の安心サポート ~やさしい制度の取り扱い説明講座~

講演 「成年後見制度を上手に活用するために」
              かながわ権利擁護相談センター   古畑 英雄さん
シンポジウム 「私も家族も安心して暮らす」
              総合福祉サポートセンターはだの  香坂 勇さん
              愛川町社会福祉協議会       河野 敦志さん
              司法書士             渡邊 文子さん
コーディネーター      かながわ共同会法人事務局     丹羽 つねみさん

講演・シンポジウム共に、素人の家族が分かるように具体例を挙げながら話して下さいました。
後見契約を結んで最も良いことは当たり前のことですが、障害者の人権が尊重される、守られることです。家族は成人に達した人(親の監督下ではない)をいつまでも子ども扱いして人権侵害していませんか?と遠まわしに問われました。
成人障害者が自分の小遣いで何を買おうと自由ですが、”またこんなものを買って・・・”と言ってしまう私が存在します。心配だからついつい注意してしまうのですが ・・・、反省。
また、障害者の財産を親が搾取していないか、とも問われました。障害のある子の資産は親が自由に使えると考えている人たちがいるのも事実です。
このようなことを考えると、成年後見契約を結んで、真に人権を守ることが大切かと考えました。
家族の心配の素である利用費用についても、資産の少ない人や低所得者に対するサポート制度があることを知りました。


この講座で印象に残った事柄を書き記します。
1、成年後見人は障害者が有意義に、豊かに、安全に生活できるために尽力する。
  契約者との面談でその人の願う生活を知り、契約者の財産は生きている内に使う。
2、親と法人と2者が後見人になることで親亡き後の引き続きも出来る。
3、家族はアンテナを張って正しい情報を持つことが大切。
  このような講座に参加することで、次のステップへの足がかりが得られる。
4、社会福祉協議会は最も身近な相談場所、もっと利用を。



私たち懇話会でも社会福祉協議会の方を招いて相談支援について話を聞く機会を設けられたらと話しながら帰ってきました。この講座を設けてくださった愛名やまゆり園に感謝!   y.m
[PR]
# by aifukukon | 2010-02-08 12:12 | その他

土偶展に行ってきました

東京国立博物館で2月21日まで開催されている、「国宝土偶展」に行ってきました。

教科書に載っていた「遮光器土偶」、「縄文のビーナス」といわれる出産間近な女性像の土偶
両手を合わせ祈るような土偶

a0145216_21234039.jpg
三つの国宝をはじめ50点あまりが一堂に見られるのは最初で最後という企画です。(企画課長は大学の後輩なので宣伝に協力― みなさん~是非ご覧ください)

縄文時代の人々の精神世界や信仰を表しているといわれている土偶。
女性をモチーフにしたものが多いのは、子孫の繁栄の象徴としての性が大事にされていたからかな?

「産む機械」と発言して大臣を辞任した人もいる今日
少子化のうえに虐待死のニュースが後をたたない。

福祉懇話会「みんなで話しましょ」では子どものためにより良い育児を探して悩むお母さんたちの話が聞かれました。皆さん真剣で一生懸命。少しでも子どもたちの過ごしやすい町になるようにと自らも今できることをしていきたいと話されました。

会員みんなで協力して活動していきましょう!
                                (Y・K)
[PR]
# by aifukukon | 2010-02-01 22:02 | その他

児童部会誕生

昨年9月に懇話会例会にゲストで参加された方から、“小学校に入学以来、障害児を持つ親とのコンタクトが少なくなってきてしまった。子育ての悩みやいろいろな情報などを話し合う機会が欲しい”という意見が出されました。
成人した障害者を持つ私たちは、障害児の置かれている環境に疎くなっていましたので、子供を持つ親たちが子育ての不安を相談し、子育てを楽しむ環境が未だ整っていないことを改めて知りました。
a0145216_0331767.jpg

懇話会では成人した障害者の生活に重点を置いて活動してきたのですが、これらの活動と共に小さな子供たちの幸せを願い、保護者の思いを応援できるように話し合いの場を設けることにしました。
先ず教育委員会指導主事の先生にお願いして、愛川町の学習室に通っているお子さんを持つ保護者の方に“みんなで話しましょう”という呼びかけのチラシを配布していただきました。


また、特別支援学校に通う児童の親にも話し合いへの参加を呼び掛け、10月・11月と会合を重ねました。その結果、1月21日、3回目の会合で、仮称「福祉懇話会児童部会」が誕生しました。

若いお母さんたちはたくさんのアイディアを持っています。そのアイディアを出し合って子育ての工夫や環境を整えていかれれば・・・と、将来が楽しみになりました。
[PR]
# by aifukukon | 2010-01-22 05:39 | 愛川福祉懇話会

はじめてのエアロビ

今月の休日交流スペース事業は、お知らせしたように高柳先生と杉山先生を招いてエアロビに挑戦しました。
始めるまでドキドキの参加者でしたが音楽が鳴り始めると体が自然に動き始め071.gif
準備運動・エアロビ・ストレッチあっという間の1時間でした。070.gif


a0145216_2264693.jpg
大人はこの運動で二の腕のお振袖が取れるかな?
足の間にボールを挟んで、ヒップアップするかな?余計な邪念で一杯でした。








a0145216_22102345.jpg
[PR]
# by aifukukon | 2010-01-18 21:57 | 休日交流スペース

一緒にいたい

1月13日、今年初めての宿泊体験がありました。
夕食はちょっと豪華に、けれど安い食材でボランティアが作ってくれました。
a0145216_9141024.jpg

少しこだわりと気難しいところがあるという情報をいただいていましたが、
納得さえすればこちらの提案を受け入れてくれました。

朝食時のことです。
彼が言っていた朝食時刻よりも寝起き後の支度が遅くなり、
a0145216_9185112.jpg

朝食を10分で摂って出勤する時刻になってしまいました。
その時刻になってCDラックが彼の目に入りました。
彼は聞きたい曲があるかどうかチェックを始め、一曲発見しました。
しかしそれは10分53秒かかります。残り時間は7分です。
それを説明すると素直に「やめる」と言って、CDを諦め、食事を始めました。
a0145216_9191036.jpg

宿泊の約束として、夜9時には自室に行くことになっています。
この日は私と娘がいつも見ているテレビ番組が10時までありましたので、
彼に一緒に見たければ10時まで居間にいても構わないと伝えたところ「見る」と言って居間に残りました。
でも、彼は番組に興味があるわけではありませんでした。
宿泊ボランティアの男性とずっと言葉遊びをしていたのです。
一緒にいたい、人とつながっていたいという気持ちの表れではないかと思いました。

翌日、彼のお母さんに会う機会がありました。
お母さんは「近くに信頼してお願いできるところがあると知って、一晩お願いしただけなのに
とても気が楽に過ごせました。」と話してくれました。
こういうことこそ、近くにあることの最大の利点だと考えます。
[PR]
# by aifukukon | 2010-01-15 09:19 | 体験宿泊

謹賀新年

a0145216_1116712.jpg

[PR]
# by aifukukon | 2010-01-01 17:26 | 愛川福祉懇話会

特別支援学校公開研修会に参加して

「みんなで作りたい―障害のある子どもの地域生活支援を進めるために―」

12月25日、座間養護学校で平成21年度文部科学省委嘱「発達障害支援 特別支援教育総合推進事業」研修会が開催されました。
講師は相模原・座間・海老名で福祉事業を展開している方々と座間養護学校支援自活専任教諭。幼児の療育から日中一時支援、グループホーム運営、移動支援まで包括されました。
研修会参加者は事業所・学校・保護者の割合が3分の1ずつ。(愛川町の特別支援学級の先生にはお目にかかれませんでした)
幼児の個別療育や日中一時支援の事業所は親の希望や活動から形作られていくことが多いように感じます。その期待を受けて事業所もやりがいを持って頑張っておられ、参考になりました。また、車での移動支援を行っている事業所の方は、市民の参加型福祉を提唱されていて、勇気づけられました。
報告の中に、さまざまな支援を利用して豊かなバラエティに富んだ生活をしている人と、全く支援を利用していない人の割合はほぼ半々だという話がありました。それでも統計上では支援利用者80%という数字になってしまいます。支援を利用したくても事業所がない愛川で、
          “本人を主役にした地域生活の実現”
を目指して愛川福祉懇話会はどの部分を担えるだろうかと考えさせられました。
最後に相模原陽光園の渡辺さんが、一人ひとりが、できることはなんだろうと考えていくこと、つながっていくことが大事といわれました。懇話会もそんな姿勢でいきたいですね。   
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-25 21:56 | 地域福祉

成年学級 クリスマス会

067.gif今日は町社会福祉協議会主催の成年学級クリスマス会のお手伝いに行ってきました。


成年学級事業
養護学校などを卒業して働いている人、施設で訓練をしている人、就労の場が見つからないまま在宅生活をしている人が、より良い社会生活を過ごすことができるようにレクリエーション、スポーツ、料理教室などを開催しています。
実施日 年10回程度
対象者 若年の心身障害者
内容 登録していただいている対象者のみなさんに直接ご連絡します。レクリエーション、ボウリング大会などを実施
利用負担金 内容により実費をご負担していただきます。 (社協HPより)


ボランティアがサポートして、みんなでわいわい楽しく調理します。
食べて片付けて、楽しみはカラオケ!美声を披露します。
今日のメニューを紹介します。

  072.gif  パエリア
  072.gif  かぼちゃのスープ
  072.gif  かぶとりんごのサラダ
  072.gif  チーズケーキ

 パエリアが簡単でおいしかったので紹介します。
                              
材料
米…………2カップ
スープ……水2カップに塩小さじ1
      コンソメ2個サフラン少々
魚介類……適宜
鶏手羽元…5本
玉ねぎ……50g
にんにく……1片
トマト………大1個
赤、黄パプリカ…各1個
マッシュルーム…1缶(75g)
ピーマン……1個
レモン………1個
オリーブオイル…大さじ1


下準備
◇米を洗ってざるにあげる
◇野菜の下準備
・玉ねぎ、にんにくをみじん切り
・パプリカを1センチ角に
・ピーマンを輪切り
・トマトを皮ごと粗く刻む
◇魚介類を下ごしらえ
作り方
1.ホットプレートを200℃に温めて、オリーブオイルを入れ、玉ねぎとにんにくを炒め、
        米も加えて炒める
2.スープを加え、ピーマン以外の材料を彩りよくのせてフタをし、200℃で15分くらい
        炊いて5分蒸らす

3.ピーマンとレモンを飾って出来上がり♪

   お試しください!     (Y・K)
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-19 17:04 | 地域福祉

愛川福祉懇話会会則

愛川福祉懇話会会則

(名称)
第1条 この団体は、愛川福祉懇話会(以下「本会」という。)と称する。
(所在)
第2条 本会は、別に定める会長が所在を定め、事務を統括する。
(目的)
第3条 本会は、愛川町の福祉に関して研究を行い、地域福祉・障害者福祉の充実に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)研修会・講演会・啓発事業
(2)福祉事業者の発掘・育成事業
(3) その他本会の目的達成に必要な事業
(会員)
第5条 本会の会員は次のとおりとする。
(1)正会員   本会の目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)賛助会員 本会の主旨に賛同する個人及び団体
(会費)
第6条 正会員は別に定める会費(年会費)を納めるものとする。
(役員)
第7条 本会は、次の役員を置き、会を運営する。
(1)会長 会を統括し代表する。(1名)
(2)副会長 会長を補佐し、会長不在の場合は代行する。(2名)
(3)幹事 会長の諮問に応じ、必要事項について助言する。(若干名)
(4)会計 本会の会計を行う。(1名)
(5)書記 本会の記録と必要とする通信事務を行う。(1名)
(6)監査 必要により本会の監査を行う。(2名)
2 役員は本会の総会で互選し、任期は2年とし、再任を妨げないものとする。
(外部機関との協議・連携)
第8条 本会は、状況に応じて外部機関と協議・連携を図っていくこととする。
(会議)
第9条 本会は事業並びに運営上の重要事項を議決するため、毎年1回定期総会を開く。
第10条 総会は会長が招集し、正会員の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。
第11条 会長は必要により、臨時総会を招集する。
第12条 会長は必要により、役員会を招集する。
第13条 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 附 則
1  この会則は本会成立の日から施行する。
2  会員の会費は次のとおりとする。
  正会員 個人:月額100円、 団体:月額200円   賛助会員:寄付をもって会費とする。
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-17 21:30 | 愛川福祉懇話会

愛川福祉懇話会今後のスケジュール

12月16日  役員会
 1月16日  休日交流スペース事業 070.gif 「初めてのエアロビ」 071.gif         
         1時からレディースプラザ 多目的室
 1月21日  「第3回みんなで話しましょう」   10時から文化会館 3階和室

         体験宿泊随時

      参加をお待ちしています!
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-13 12:43 | スケジュール

コメントありがとう!


 少しずつ愛川福祉懇話会のブログを知っていただいています。

 更新はなかなかできませんが、コメントは励みになります。

 これからもよろしくお願いしま~す058.gif
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-11 21:32 | その他

「1年間楽しかったね!」食事会

a0145216_9322448.jpg058.gif愛川ティーボール愛好会058.gif

障害のある人も無い人も、若い人も、高齢者もみんなで楽しめる
ティーボールの練習を月1回始めてから、早3年。

12月5日には今年最後の練習と食事会を行いました。
a0145216_2153638.jpg

福祉懇話会の会員もほとんどティーボールのメンバーです。
最初は作業所に通う人たちばかりでしたが、年々学習室に通う
小学生の家族や、普通級の小学生も親子で参加し、今では
お父さんたちがコーチ役、監督はもうすぐ70歳。

目指すところの障害のある人もない人も老若男女、まさに
みんなで楽しむ会になってきました。

最初の頃は、打っても走らない、打球をとっても塁に投げない
、試合にはなりませんでした。

でも、このごろは打って、走って、ベース上で満面の笑み001.gif
これが見たくて続けています。

食事会の資金は、11月1日の愛川ふるさと祭りで焼きそばの模擬店
で300食をみんなで協力して売り上げて捻出!

愛川町は「町民みなスポーツの町」宣言しています。会場の確保が
難しいのが悩みです。

来年も「1年間楽しかったね!」と言えるように頑張りましょう049.gif (Y.K)
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-08 10:55 | その他

体験宿泊

12月2日から1泊で20代の女性2人が宿泊体験をしました。
体験宿泊にはたくさんのボランティアが関わります。

宿泊調整係:宿泊希望を聞き、受け入れ先と連絡します。
親との面談係:提出書類を基に親と面談し、知っておくべき    事を聞きとり、利用料を徴収します。
夕食係:宿泊日の夕食メニューを考え、買い出し、下ごしら    え、調理全般を1,2人で行います。
a0145216_10295040.jpg

a0145216_1033779.jpg

a0145216_10351226.jpg

宿泊係:男性の宿泊には男性ボランティアが、女性の宿泊には女性のボランティアが泊まり込みます。
宿舎提供係:空き室を提供します。              

宿泊を受け入れる時には不安がたくさん湧いてきます。

 限られた設備とスペースの中で自由時間を持て余すのではないか?
 テレビのチャンネル争いが起きたら・・・?
 部屋が寒かったら・・・?
 眠れなかったら・・・?

でも、”案ずるより産むは易し” 杞憂に終わります。

a0145216_10362283.jpg

a0145216_1037463.jpg


前回紹介した講演会で「理解し合う」ことが大切と言われましたが、その通りだと感じます。
私が理解するだけではなく、私を理解してもらうことが意思疎通に大切なことを食事やテレビを見るという行為を通じて実感しています。(y.m)
[PR]
# by aifukukon | 2009-12-05 10:43 | 体験宿泊

いまここで、つたえて、感じて つながって 2009

072.gif
 28日、厚木市、愛川町、清川村障害者自立支援協議会主催の「ヘルパー応援研修会に」参加しました。
精神・知的・身体の障害の理解を深め、特性とその支援方法を学ぶという目的で開催されました。

それぞれの障害を持つ人に、日々かかわっている人がその障害の特性と支援の方法をわかりやすく話されました。

印象に残った言葉は
    「個を知る」
    「人より先に障害があるわけではない」

障害を持つ人と接するとき障害を見るのではなく、先ずその人を知る、人柄をみる、ということです。
健常な人同士でも外見や話し方、態度などでその人を判断してしまうことがあります。その人を先ず知ると言うのは難しいことです。
その言葉を心にとどめて接するように心がけたいと思いました。

そして支援の手がかりとして
053.gif理解しあえること
053.gif気づきあえること
053.gifつながりあえること
大事なことを教えていただきました。
この言葉は愛川福祉懇話会が活動を続けていくにも大切なことと思いました。 Y・K
[PR]
# by aifukukon | 2009-11-30 07:58 | その他

ブログ開設記念日です!

私たち愛川福祉懇話会は障害があっても生まれ育った地域で
楽しく暮らしたい!という思いで活動をしています。
今回、活動に必要な助成金を生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープからいただきました。
助成金での活動は公開していく義務があると考え、手始めにブログを開設しました。

現在の活動をご紹介します。
1、体験宿泊
  将来の暮らしを考え、親子が離れる体験を通して親離れ、
  子離れの練習です。

a0145216_14231780.jpg












2、休日交流スペース
  外出の機会が少ない障害のある人たちが集い、楽しみを持つ場所の提供です。
a0145216_14341675.jpg
 今は月1回集まりを持っています。
[PR]
# by aifukukon | 2009-11-27 14:35 | 愛川福祉懇話会