みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かながわ子ども・子育て支援活動交流フォーラム

10月29日、横浜メルパルクを会場に
かながわ子ども・子育て支援活動交流フォーラム、
第4回「かながわ子ども・子育て支援大賞」表彰式
~活動の実りを確かめ・深め・高めあう、秋のつどい~

という、長が~い名称の会が開かれ参加してきました。

午前10時から12時まで4つの分野に別れ交流会が行われました。
①「子ども・子育て支援活動の継続と行政・企業との連携をめざして」
②「特別な支援を必要とする子どもへの支援をめぐって」
③「子育ての孤立化防止、虐待防止の支援とは?」
④「子育ち・親育ちで共に育てあう支援のあり方」

懇話会は②の会場で報告しました。
たった3分間の報告で言い尽くせませんでしたが、児童部会が力を入れている
放課後の居場所作り「すまいる広場」を補助金が無くなる来年どうするかが課題
であること。行政との連携がはかれないことなどを報告しました。

同じような事例や、解決策を知りたかったのですが話し合いはありませんでした。
その後は3班に別れグループワーク
みんなで模造紙に支援の木をつくり

a0145216_22233358.jpg

団体の課題や支援の問題点、悩みなどをポストイット
に書き貼り付けて完成させました。

a0145216_22271633.jpg



午後は大賞の表彰式と記念講演会、全体交流会と続きました。
「鎌倉の手をつなぐ育成会」が奨励賞を受賞していました。
受賞対象の活動概要は『昭和29年から知的障害児の親たちが活動を開始、平成12年から障害児の余暇活動に取り組み、「音楽療法」「体験型野外活動」「工作等」「和太鼓」「プール活動」等を提供。平成21年からは「のんびりスペース大船」運営を受託し、学校送迎を伴う放課後等余暇支援事業を展開中』というものでした。
愛川福祉懇話会が進めている事業と同じようです。

帰りに県障害福祉課に事務局を置く、(財)神奈川心身障害児福祉基金財団」の担当者と
お会いし、来年度の障害児放課後支援事業助成について話を聞いてきました。

出来れば来年申請して「すまいる広場」を継続させたいと思います。
[PR]
by aifukukon | 2010-10-31 22:47 | 愛川福祉懇話会

障害福祉サービスの行方

障がい者総合福祉法(仮称)の動向についての講演が10月25日海老名市障害者団体連合会等の主催で開催されました。
講演者は河原雄一氏(日本知的障害者福祉協会政策委員会副委員長・神奈川県障害者福祉協会企画政策委員長・湘南セシリア施設長)
2009年12月に障がい者制度改革推進本部が政府に設置され、内閣府に障がい者制度改革推進会議を設置。2010年1月から推進会議が1ヶ月に2回程度のペースで開催されています。(2010年1月に障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団と国が和解・基本合意文書を取り交わし、2013年8月を目途に(仮称)障がい者総合福祉法制定することになったことは周知の事です。)

以下、講演内容から抜粋します。
障がい者制度改革推進会議は24人の委員の中、当事者が過半数になるように13人入っているが、
知的障害や自閉症関係の当事者が少なく、障害が偏っている不安がある。
これまでの推進会議内容に関する感想
・障害者権利条約の批准に向けた国内法、障害者基本法改正・差別禁止条約・
 虐待防止法の制定の議論が中心
・概念的な話が多く、具体的な制度設計に向けた議論ではない
・大多数の推進委員はJDF(日本障害フォーラム)関係者で占めている。
 身体障害当事者の意見が強い印象を受ける。
・サービスの選択に当たっては、自己決定・自己選択によるセルフマネジメントの
 意見が大勢を占める。
・支給決定のプロセスとしては、ケアマネジメントより、セルフマネジメント・ エンパワメントを
 中心に本人・行政・ピアサポート等の協議・調整による支給決定の意見が強い。
・障がい者総合福祉法の具体的な内容・自立支援法の課題はほとんど議論されなかった。
 ⇒専門部会に舞台を移す。
・権利条約批准の第19条では「地域で生活する権利・住むところの選択の保障」の点で、
 病院(精神病院の長期入院・重心病棟の長期化)・入所施設のあり方は相当問われる・・・。
 ⇒改革推進会議北海道ピープルファースト代表土本氏発言。
・自らのニーズを伝えることが可能な身障当事者の意見が大半を占めている。
・そのため、自らの生活の困難さ、ニーズを上手に伝えることが困難な知的障害児者の状況と、
 障害特性を配慮し、自己決定・自己選択に向けた、専門的支援の必要性・重要性を会議で
 どのように伝え、各委員に理解してもらえるかは重大な課題である。
 ⇒日本知的障害者福祉協会はそのことに対する意見書を提出した。

会議では必要に応じて部会を開催できることになっており、4月に総合福祉部会開催が決定、構成メンバーは55人にのぼり、月1回会議を開催して具体的検討に入っているが、後3年を切った現在、不安がたくさんある。

講演後の質疑応答で、神奈川県自閉症親の会の方が、自閉症関係者が委員に少ないので、意見書を提出すると発言していました。私たちの子供たちに関わる法律について積極的に意見を言っていく姿勢に猛省させられました。
[PR]
by aifukukon | 2010-10-28 12:13 | 地域福祉

クッキー完売お礼

10月24日(日)に行なわれた愛川町ふるさとまつりでは福祉懇話会恒例のルシアンクッキー(胡桃いっぱいのクッキー)を296袋販売しました。売り場には懇話会のメンバーとその子どもが立ちました。
最初は同じテントで売ったTボール愛好会の焼きそばばかりが売れて、どうなることかと不安になりましたが、焼きそばが売り切れる頃から売れ始め、午後1時過ぎには完売!
 “おいしいから” と毎年買いに来てくださるリピーターも多勢顔を見せてくださいました。
売り場に立つ障害児者に “かわいいね” “上手だね” と声を掛けてくださったり、釣銭を間違えても “お釣が違うよ” “多すぎるよ” と間違いを指摘してくださったりと、和やかなバザーになりました。
みなさま、ありがとうございました。
また来年のバザーが楽しみです。
[PR]
by aifukukon | 2010-10-27 09:26 | 愛川福祉懇話会

児童部会の11月の予定


 すまいる広場 
    11月2日  14時30分~17時  角田児童館
       4日       〃 中止になりました      
       9日       〃
      10日       〃
      11日       〃
      17日       〃
      18日       〃
      24日       〃
      25日       〃

◎ 母親クラブ(あず・すまいる会合)
    11月16日  10時~14時    角田児童館
        30日     〃
[PR]
by aifukukon | 2010-10-22 16:57 | あず・すまいる

定例会開催のお知らせ

  定例会を開催します!

 日 時   10月27日(水) 午前10時から12時

 会 場   愛川町福祉センター 3階 老人娯楽室 (和室) 



     お茶を飲みながら、愛川福祉懇話会の活動や、子どもたちの将来などを
     語り合いましょう。
[PR]
by aifukukon | 2010-10-22 16:48 | 愛川福祉懇話会

ふるさと祭りに参加しま~す!

昨年と同様、ふるさと祭りでクッキーを販売します。

きのう、中津公民館クッキングルームで朝9時から3時まで会員13人とボランティア1人子ども2人
    064.gifルシアンクッキー064.gif  を作りました。

当日は文化会館駐車場出口付近のテントで300袋を販売します。
皆さん買いに来てくださいね。お待ちしています!

同時に愛川ティーボール愛好会が手作り焼きそばを売ります。
 

どちらも一つ150円です!お早めにどうぞ!売り切れ御免
[PR]
by aifukukon | 2010-10-22 16:37 | 愛川福祉懇話会

ニッパツ・ハーモニーの見学


10月19日、 児童部会では障害者の就労の場である特例子会社
 ニッパツ・ハーモニーを見学させていただきました。
   子どもたちの将来を考えて16名の参加がありました。

a0145216_17192218.jpg



 10時30分より、説明を受け、社員食堂で一緒に昼食をとらせていただき13時30分までお邪魔しました。

所長の津中さんより厚木営業所の取り組みの説明を受けました。それから会社内を説明していただきながら見学しました。

 実際に社員が清掃している様子を見ました。
完璧な清掃にみんなびっくり!

a0145216_17194741.jpg

昼食後、作業指導者の心構えや、日々の接し方、自立に向けて必要なことなど資料に沿って説明していただきました。

津中所長の姿勢に感服しました。学校の先生の研修の講師などにも呼ばれているそうです。 
[PR]
by aifukukon | 2010-10-20 16:57 | あず・すまいる

講演会 アンケート報告

先日の講演会には大勢の参加をいただきありがとうございました。

「お店や地域の人たちに障害を知ってもらうには?」講演会アンケート

講演会参加者数   48人  
アンケート回答者数 32人(66.6%)

1.講演内容の理解      一般住民     民生委員・保護司    障害児者家族
 理解できた         7          5            17
  どちらでもない       0          0             0

意見・感想
 ・具体的な話でよく理解できた。
 ・小さなトラブルに早く気づくことの大切さが分かった。
 ・困った感を本人が伝えていく術を教えていく大切さが分かった。
 ・一般の方に障害を理解してもらうヒントがつかめた。
 ・キャラバン隊をやってみたい。
 ・インディビデュアルアドボカシイの多い愛川町になってほしい。
 ・多くの一般住民に聞いてもらいたい内容だった。
 ・障害者のご苦労が分かった。
 ・理解してもらう為にやるべきことがたくさんあると思った。
 ・勉強になった。
 ・自覚しないまま人権侵害していることが多々あるのでは・・と反省
 ・わかりやすい内容でした
 ・期待していなかったけどわかりやすかった
 ・あるあると思ったことが多くありました。大学の先生で理解ある方が大勢いらしゃるので心強いと感じまし 
  た。障害者に寄り添ってくれてると思いました。
 ・とても勉強になりました。障害者が社会に出て色々な被害にあっている現状を知り大変ショックでした。障
 害者が安心して暮らせる社会になるよう自分が何かできるか、すぐに出来ることもあるので、地域の人達に
 障害者を理解してもらうような働きかけをしたい。
2.理解できない行動や不審な行動に出会った経験
            一般住民     民生委員・保護司    障害児者家族
       ある       7          2           14        
       ない       2          3            4

 内容
・大声で叫びながら飛び回っていた。
・同じ場所を行ったり来たりしていた。
・独り言をブツブツ大声で言う。
・うろうろ歩き回っている。
・下着姿でうろうろしている。
・散歩している障害者グループに噛まれた。
・精神障害者の息子(中学生)が親から酒を買ってこいと言われて困っていた。
・独り言を大きな声に出して歩く。立ち止まったまま動かない
・地下鉄ホームで緊急停止ボタンを押して駅員が飛んできた

3.困っている人に手助けしたこと・手助けしたいと思ったこと
           一般住民     民生委員・保護司    障害児者家族
      ある       9          4           11      
      ない       0          1            4  無回答 1
内容
・バスの中で立ったり座ったり。助けてあげたいと思った。
・何か探しているのか、うろうろしていた人に、親御さんがいるかもしれないと思うと声かけできなかった。
・車椅子の方が段差に困っている時に手を貸した。
・目の不自由な人と横断歩道を一緒に渡った。
・近所の人におかずのおすそ分けをする。
・車椅子や視覚障害者に手助けしたいと思うが、当事者が望んでいないかもしれないと思うとなかなか
 できない。
・視覚障害の方の歩行に危険を感じ、誘導も必要を尋ね誘導した。
・病院に障害児を連れて行く場合、診察まで待てない静かに座っていられない場合代わりに順番を待ったり、保護者のサポートをしたい

 4.手助けされたこと、してほしいと思ったこと
            一般住民     民生委員・保護司    障害児者家族
   ある           7          0           8       
   ない           2          4            5
内容
 ・精神的に辛い時
 ・近所の年配者から人生経験を聞いた。
 ・子どもを見守ってくれた。
 ・同じような子どもを持った人たちと話して自分だけじゃないと感じたかった。
 ・バスの中で小さな子どもが座りたいと泣いたけど皆知らんぷりした。
 ・勤め先移転のとき同じ職場の人がわかりづらい事を電話してくれた
 ・夫の救急時に付きそう必要が出来たとき、知的障害の娘を一人で置くことに不安を感じた。近所の人が出 てきて「安心して」と言ってくれた

 5.障害児者の親として困ったり、嫌な思いをしたこと
    ある 13    ない 5
   内容
 ・ブツブツ言う娘を見た子どもが大きな声で「変なこと言ってる」と言い、親子とも嫌な思いをした。
 ・子どもが独り言を言って遊んでいたら「あの子気持ち悪い」と言われた。
 ・お店でパニックを起こし大騒ぎした時、周りから白い目で見られた。「何してるんだ!親だろう!」と
  言われたことがある。
 ・病院で待つことが出来ず、しつけの悪い子と見られた。 
 ・御店で大きな声で話したりするので、ジロジロ見られたりする。
 ・子どもが他人の気持ちを理解できない面があるので、お店の通路の真ん中で座ったり踊ったりしてしまう。 ・普通の子とは違うような疎外感を感じた時。
 ・行政で相談しても先延ばしにされることが多い。
 ・子どもの中学時代いじめ多々受けた
 ・誰にでも(初対面の人にも)あいさつをしたがり、それに対して無視されたりつめたい視線を向けられたり、じ  ろじろ見られたりした

6. 今後希望する講演内容、その他
    ・このような講演会
    ・あきる野学園がとてもよかった。
    ・法律関係
[PR]
by aifukukon | 2010-10-20 10:57 | 愛川福祉懇話会

すまいる広場のお引越し

本日から会場を角田児童館に変えました。
こちらは今年度から町で行っていた「かわせみ広場」が中止になり
児童館の利用がなくなり空いていました。
区長さんはじめ町内会の皆さんのご理解ご協力で始めることができました。
駐車場もあり、田代や半原の人たちにとっては楠より近くなります。
地域の皆さんよろしくお願いします。
とても広くて明るいので子どもたちがのびのび遊びました。
参加者は7家族  お母さん7人障害児 8人 健常児 2人 保育者1人 ボラ1人

a0145216_2265168.jpg




a0145216_2272148.jpg





a0145216_2220152.jpg















a0145216_2275647.jpg




大きいお兄ちゃんと遊ぶのは楽しいな!


a0145216_2282360.jpg





a0145216_22182752.jpg


a0145216_2226354.jpg

[PR]
by aifukukon | 2010-10-05 22:32 | あず・すまいる