みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:愛川福祉懇話会( 79 )

今後の予定

 10月24日  ふるさと祭りバザー用 クッキーつくり  レディースプラザクッキングルーム

 10月28日  ふるさと祭りバザー参加

 11月11日  児童部親子活動  レディースプラザ・クッキングルーム
          午前10時から午後1時
          炊き込みご飯・主菜・デザートを作る予定です

 11月14日  定例会は延期します

 11月10日  食事会(日時変更)

 11月25日  映画「星の国から孫ふたり」上映会&ミニライブ「タケオとその仲間」 開催

 12月 5日  定例会  お茶を飲みながら映画の感想やおしゃべりをします

 
[PR]
by aifukukon | 2012-10-12 21:33 | 愛川福祉懇話会

定例会開催のお知らせ

暑い日が続いていますが会員の皆さまいかがお過ごしでしょうか?

第3回定例会を下記の通り開催します。
前回に引き続き懇話会の活動のあり方や愛川町に必要なサービスなどを
考えたいと思います。

       記

日 時   平成24年9月12日(水) 9時30分より11時30分

 

会 場   レディースプラザ 2階 和室
[PR]
by aifukukon | 2012-09-04 21:38 | 愛川福祉懇話会

定例会のお知らせ

4月の総会後第1回定例会でお話したように、定例会を開催します。

この町で安心して暮らしていくために活動していますが、NPO法人地域生活支援の会・あい
を設立し、グループホームあいあいの運営を始め、次に就労や居場所作りを考えていくために
てくてくの見学に行きました。

今回はてくてくの報告や居場所作りについて話し合いたいと思います。

大勢の皆様の参加をお願いします。

  日 時  平成24年7月11日  9時30分~11時30分

 会 場   レディースプラザ  2階 和室

[PR]
by aifukukon | 2012-07-03 21:20 | 愛川福祉懇話会

NPO法人歩歩見学

a0145216_16172180.jpg

          カフェてくてくにお邪魔しました。

    自家焙煎のこだわりの珈琲をいただけます。
    天然酵母のパンも販売しています。
    毎日散歩がてら珈琲を飲みに寄られるという方が、楽しんでいられました。


 懇話会会員10人で伺いました。脳腫瘍のために片麻痺の残る人がレジ係。
 レジの合間、時間があるので刺し子をして、作品を作っていられました。
 自閉の男性は丁寧にパンを袋詰め。車椅子の女性はドリップで丁寧に珈琲を入れていました。

 障害に関わらず、出来ることをその人のペースでしていました。
 とても居心地の良い場になっていました。

 隣の建物はリサイクルショップもったいない屋


下の写真は名倉にあるタンポポ(地域活動支援センター)の自主製品
a0145216_16332644.jpg

この後、隣のレストラン「ポポの庭」でバイキングのランチを頂きました。
a0145216_16515319.jpg
a0145216_16524527.jpg


てくてくの前身は平成3年6月6日に開所した町営の作業所
障害児の親の会「タンポポの会」が中学校を卒業した後のすごす場を町に要望した結果だそうです。

相模原市との合併を見据えて、平成17年7月7日に民営化、NPO法人認可

所長の綱田さんのお話では、地域でこまり感のある人の居場所つくりから始まり
話を聞いてどうしようかと考えてサービスを作ってこられたそうです。
障害の違いは関係なく誰にとっても良い居場所
愛川福祉懇話会の姿勢にも通じるところでとても参考になりました。

てくてくの皆さま、大勢でお邪魔してすみませんでした!
丁寧な説明、ありがとうございました。
[PR]
by aifukukon | 2012-06-07 17:34 | 愛川福祉懇話会

H23年度総会を開催します


        

     愛川福祉懇話会総会の開催のご案内  

 会員の皆さまには、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます 
 今年の春ほど花の便りの待ち遠しい歳もないように思います。
 さて、愛川福祉懇話会の平成23年度総会を下記のとおり開催いたします。
 ご多忙中とは存じますが、ご出席のほどお願い申し上げます。
 

                  記

1.日  時  平成24年4月11日(水)10時00分から
2.場  所  愛川町福祉センター3階第1会議室(隣の和室も借りています。
         会員同士で保育したいと思います)
3.そ の 他  年会費(1200円)をご用意ください
[PR]
by aifukukon | 2012-03-20 22:15 | 愛川福祉懇話会

定例会報告

お知らせしたように、本日茅ヶ崎の就労支援A型事業所「夢のある街のたいやき屋さん」と「コミュニティーカフェゆめたい」を見学させていただきました。

a0145216_2223017.jpg

a0145216_22553569.jpg














詳しい報告は次回に
[PR]
by aifukukon | 2012-03-07 22:57 | 愛川福祉懇話会

研修会のご案内

立春を過ぎたとはいえ、寒い日が続いておりますが、会員の皆さまには如何お過ごしでしょうか。  
第6回定例会として、愛川町には無い、就労支援A型事業所とコミュニティーカフェの見学を企画しました。皆さまのご参加をお待ちしております。                    

         記
日 時:平成24年3月7日(水)10時~
場 所:「夢のある街のたいやき屋さん」社福 翔の会運営
    「コミュニティーカフェゆめたい」茅ヶ崎
会 費:200円
     交通費実費各自負担(相模線往復640円)


日 程
  ― 町内10時前後にバスまたは会員自家用車にて出発―
   ― 海老名 10時37分 相模線にて茅ヶ崎 11時4分着 ― 
   ― 南口から徒歩12分の事業所へ ―
    11時30分から施設長佐藤さんに説明していただき、見学。
    あわせてコミュニティーカフェゆめたいを益永さんに案内していただきます。 
    終了後駅近くのキッチン濱田屋で会食
    14時38分発相模線で海老名15時10分到着
    愛川町解散を15時40分頃と予定しています。

2月27日(月)までにお知りあいの役員まで出欠を連絡してください。
参加者には後日集合場所時間を連絡します。
   問い合わせ     会 長    山田郷子
               携帯 090-6155-7733 
               副会長    荒井シズ江
               電話  046-285-2047 
[PR]
by aifukukon | 2012-02-16 21:41 | 愛川福祉懇話会

第5回定例会の報告

愛川福祉懇話会 第5回定例会      平成24年1月26日(木)10時から
                    町福祉センター3階会議室
テーマ「迫りくる災害に備えて」

 参加者 会員13名   消防署職員中島さん 力石さん
             福祉支援課 中村さん

消防署作成の資料に基づき説明していただく。


   ・愛川町地域防災計画に定められている。閲覧できる。
   ・被災したときのために各家庭で3日分の飲み水・食料を備蓄してもらいたい(自
    助)一日あたり一人3㍑(町の計画上の想定では千数軒、四千余人の被災と考え毛布や食料を備蓄し    ている)
   ・町では震度5強を記録したとき「対策本部」を設置する(東日本大震災は愛川町
    震度4)
   ・21行政区で自主防災組織を作っている→対策本部と連携
    防災指導員は年に1回研修を受けている
   ・災害時要援護者対策→避難支援制度がある
       *要援護者については対象の範囲が定められている
       *申請書を提出して登録する(手あげ方式)
       *地域支援者(民生児童委員・行政区自主防災組織)の協力による支援(登録台帳に基づく)

<質疑応答>
       ・「災害時要援護者非難支援制度」については制度が知られていないためか、障
        害者の登録が少ない 
       ・対象者には申請書が郵送されている
       ・内容を説明するなど、制度をより知ってもらうための活動が必要ではないか
       ・停電時の電力について
        計画停電のとき、消防に問い合わせがあり対応した。声を上げてもらわない
        と把握できない。必要とする人が分かっていれば手立てはある。
       ・福祉避難所が半原公民館・中津公民館・福祉センターになっている
        障害のある子どもの居る家庭では家族で避難できるか?
        避難所は限られている。利用する人の人数によるが、子どもは親と一緒に避難できる。
       ・東海地震は唯一予知が可能といわれている。警戒態勢に入ると、警戒地域の厚木の町には外部        から入れなくなる。出るのは可能。(厚木市内の病院への通院などが出来なくなる)

      ◎行政情報のメールサービスの紹介
        ・5つの項目のメール配信の一つに「防災情報」がある
        ・情報配信料は無料、受信にかかる通信料は利用者負担


 



 外出支援ボランティア「共に歩もう会」活動の説明
                         会長 小倉理男さん

  ・養成講座受講者有志6名で結成
  ・現在会員10名で活動中(内懇話会メンバー3名)
  ・成年学級の1月の活動に参加し、障害者と交流し理解を深めた
  ・支援の前に、お互い顔見知りになることが大事と考えている

<質疑応答>
  ・「下校時のお迎え」に、親が間に合わなくなったなったとき、その時点で依頼しても大丈夫か 
  ・その場合は最初から依頼しておくほうが良いのではないか。親が迎に間に合ってボランティアをキャンセ   ルするほうがお互いに良い
  ・「利用できる方の範囲」が「保護者の付き添い無しで外出可能な知的障害のある方」となっているので、重   度の障害者は利用できないと思ってしまう


その他 伝達事項
  ・NPO法人地域生活支援の会・あいのグループホーム見学会が1月28日(土)10時から12時に行われ   る
[PR]
by aifukukon | 2012-02-10 10:48 | 愛川福祉懇話会

定例会のお知らせ

会員の皆さま

 厳寒の折、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか?

 昨年の9月に開催予定でした、消防署の方の話を聞く会を
 下記の通り開催いたします。
 急な設定で申しわけありませんが、ご出席いただきますようお願いいたします。

     記

 日 時  平成24年1月26日(木) 10時から12時

 会 場  町福祉センター 3階 第3会議室


   テーマ  「迫りくる災害にどう準備するか」

 1時間程話していただき、質疑応答の時間を取ります。
 その後、外出支援ボランティア共に歩もう会 会長小倉様
 から会の紹介をしていただきます。
[PR]
by aifukukon | 2012-01-24 16:07 | 愛川福祉懇話会

定例会の報告

11月9日水曜日10時から、海老名市手をつなぐ育成会会長の藤田さんのお話を聞きました。
自閉症のお嬢さんを22歳でケアホームに入居させたお話です。
ホームは以前懇話会で見学した「はなきりん」です。

a0145216_18455998.jpg


以下お話の要旨です。

こだわりが強く、他人に対してもこだわるので、家庭以外では暮らせないと親が思い込んでいた。
親は自分が元気なうちは面倒を見たいと思いがちだが、子どもは自立したいと考えているかもしれない。

本人が高齢になれば生活を変える勇気がなくなってしまう。親が元気なうちに本人の生活を組み立ててあげるのがいい。

社会性が身につくように、児童期に大事なのは人とコミュニケーションをとり人を信じることが出来るように
していくこと。そうすれば信頼関係が築ける。

a0145216_18451026.jpg




会員にとって耳の痛いお話でした。
もう一度自分と子どもの関係を振り返る良いきっかけとなりました。

a0145216_1842297.jpg

[PR]
by aifukukon | 2011-11-13 21:47 | 愛川福祉懇話会