みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

座間キャラバン隊 「障害のある子って、どんな気持ち?」アンケート結果

       平成24年8月4日(日):14時~16時 愛川文化会館 大会議室 3F
                参加者合計53名(町内 47名、町外 6名)

1.お住まいはどちらですか?

町内36名        町外  5名(厚木市、相模原市)               

2.年齢は?性別は?

10代:2名  20代:2名  30代:12名  40代:8名  50代12名 60代以上:5名   

男性 9名                女性 32名

3.家族に障がい児者は?

いる 19名                 いない 22名

4.今日の公演会をどこで知りましたか?(複数回答)

①タウンニュース:3名    ② 学校等より:7名  ③チラシを見て:8名    
④ 知人から:13名  ⑤ その他:13名(会員、家族、広報あいかわ、職場、社協など)


5.今回の公演会の感想をお聞かせ下さい。

<障害児者を家族に持つ方より>

・どんな公演会よりわかりやすく、共感することができました。
・大人だけでなく、子どもにもわかりやすく、楽しく聞け、勉強になった。
・模擬体験をして、自分の子どももこういう感じで見えているのか、こういう手先の感覚なのかと
初めてわかりました。このような体験をもっとたくさんの人にしてもらえると、障害について
理解し、接し方もわかってもらえると思った。
   ・「みんなちがって、みんないい」は人間だけではなく、植物や動物だって色々な特徴、習性を持ち
    そのすべての違いを皆で認めればこの世のすべての物は一つになれると思った。
・自分の子ども(障害児)の気持ちに気づいていない部分もあった。ダウン症、自閉症の障害に
    ついて学べた。
   ・子どもへの、接し方、対応を改めて考え直す、きっかけになった。
   ・子どもとの向き合い方に大変役になった。
   ・とてもよい体験だった。もっと早く座間キャラバン隊の方のお話を聞く事ができたらと思った。
    感謝します。
   ・とてもわかりやすく工夫されていた。ペットボトルを使って見るというのを作って職場の人にも
    体験してもらおうと思います。
   ・素晴らしい内容だった。日々の接し方をどのようにしたらよいのかなど、障害者側に立って考えて
    いる。より多くの人に知ってほしい、わかってほしい。
   ・座間キャラバン隊のみなさんの活動に感謝します。
   ・障害ではなく、その子の個性を見るべきだと気づけた。

                              
   <障害児者を家族に持たない方より>

   ・とても具体的でわかりやすかった。(多数意見)
   ・参加できてよかった。(多数意見)
・障害を持つ子の立場にたった、気持ちがとてもよくわかった。これからの接し方にとても
    大きく役にたつと思った。とても楽しく、そして愛を感じた貴重な時間だった。ありがとう  
    ございました。
   ・楽しく障害について知ることが出来た。小学生の子どもも連れてくればよかった。  
 ・実際に体験してすごく大変だと感じた。あたりまえのことが、あたりまえではないと教えられた。
    これからの考え方がかわった。
   ・みんなが「同じ人間」という感覚にとらえることができた。
   ・体験したことで実感できた。お母さん、家族、地域の中での理解が広がることを感じた。キャラバ
    ン隊のお母さん達のやさしさが伝わってきた。みんなを幸せにしていただき、ありがとうございま
    した。
   ・日々、ダウン症、自閉症の方達と作業所で過ごしているが、わかっているつもりでいた事を再認識
    することができた。今日来られなかった職員にも伝えていきたい。
   ・今日の公演で学んだことを、今後に生かしていきたい。
   ・「一家に一人ダウン症」のお話その通りだと思った。自分の家族、学校の先生やお友達にも是非聞いてもらいたいと思った。
   ・良いお話が聞けてよかった。
   ・素晴らしい活動をされているキャラバン隊、これからもがんばってください。(多数意見)
   ・今まで知らないでいたことの多さに少々戸惑いを感じた。これから障害のため困っている方に出会った時には、ゆっくりと関わっていけたらと思った。みなさんの笑顔の写真に、元気とあたたかい
    気持ちをたくさんもらった。みなさんと出会える日があるとうれしいと思った。

6.今後希望する講演内容、その他、何でもお書き下さい。
・機会があればまた参加したい。
・もっと大勢の人にこの公演を聞いてほしかった。(多数意見)
・小学校でキャラバン隊の公演を希望します。
・学校での講演を増やしてほしい。
・幼稚園や集団生活の中でどのようにしたら障害児がわかりやすいのか教えてほしい。
・幼稚園で色々なお子さんを受け入れているので、若い先生に聞かせたかった。
・子育て協会、杉浦先生、佐々木正美先生の講演など希望。
・音楽会、ダンスなど。
・発達障害の子どもに対する、父親の接触の仕方。
・当事者のアピールが地域社会に広がることを希望する。
・今回のようなわかりやすい内容のもの。
・障害を持っている方本人がお話しするような講演会



以上
[PR]
by aifukukon | 2012-09-05 21:59 | あず・すまいる