みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

定例会の報告

11月9日水曜日10時から、海老名市手をつなぐ育成会会長の藤田さんのお話を聞きました。
自閉症のお嬢さんを22歳でケアホームに入居させたお話です。
ホームは以前懇話会で見学した「はなきりん」です。

a0145216_18455998.jpg


以下お話の要旨です。

こだわりが強く、他人に対してもこだわるので、家庭以外では暮らせないと親が思い込んでいた。
親は自分が元気なうちは面倒を見たいと思いがちだが、子どもは自立したいと考えているかもしれない。

本人が高齢になれば生活を変える勇気がなくなってしまう。親が元気なうちに本人の生活を組み立ててあげるのがいい。

社会性が身につくように、児童期に大事なのは人とコミュニケーションをとり人を信じることが出来るように
していくこと。そうすれば信頼関係が築ける。

a0145216_18451026.jpg




会員にとって耳の痛いお話でした。
もう一度自分と子どもの関係を振り返る良いきっかけとなりました。

a0145216_1842297.jpg

[PR]
by aifukukon | 2011-11-13 21:47 | 愛川福祉懇話会