みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

映画「タケオ」

タケオはドラマーです。
ダウン症でもあります。
a0145216_650871.jpg

彼のドラム演奏と、知り合いのバンジョー演奏グループのコラボ企画を考えています。
昨日、彼の映画完成報告会が町田で開かれ、見に行ってきました。
試写会前に彼とその仲間のアフリカンドラム演奏がありました。
彼は太鼓を叩いて出てくる瞬間から観客を引きつけ、魅了しました。
彼の音にダウン症という冠は要りません。
a0145216_6564066.jpg



映画は2008年にセネガルで行なわれた太鼓のワークショップに参加した時の映像を柱に、彼の幼い頃からの生活の一端を映し出しています。
母親である書子さんは、彼の興味に合わせて外の世界との接触を積極的に求めました。
ダウン症であることで断られたこともあります。
アフリカの太鼓指導者は差別なく受け入れてくれました。この出会いがなかったら・・・。
小学校の音楽教師も放課後の時間に自由な発想の彼の才能を引き出してくれました。

彼の感性の赴くままに弾くピアノの美しさ、マリンバから出てくる音の多様さ、どんなものも楽器にしてしまう音に対する鋭さ、天性の才能を引き出した多くの出会いのお蔭ではないかと思いました。

ドラムとバンジョーそれに福祉懇話会メンバーの手作り楽器などを合わせた演奏会はきっと楽しいものになることでしょう。来春には是非実現させたいと交渉中です。
お楽しみに!(新倉タケオで検索してください!)
[PR]
by aifukukon | 2010-11-21 06:57 | その他