みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

子ども・子育て支援プロジェクト助成団体交流会

本日助成団体交流会が開かれました。
会場は座間市で不登校・引きこもりの居場所を8年前に立ち上げ、今年度助成を受けた団体「あすなろの家」。

あすなろさんは平屋の大きな家を無料で借りているそうですが、行政からの支援は無く、運営費は年4.5回開催されるバザーで賄い、社会福祉協議会の協力で何とか運営してきているそうです。
家の修繕やら会員の高齢化など今後の運営も大変だということでした。

あすなろさんのように、集った団体も同じような悩みを抱えていました。
今年度を最後に廃止される助成金に変わる支援がなければどのように運営していったらよいのだろうか・・・
苦労が多い活動を次世代に引き継ぐには・・・

今回の集まりには半年前にヒアリングをした際に出席した市町の行政にも県から声掛けをしたそうです。その結果、海老名市から障害福祉課と子育て支援課から2名と、座間市から教育委員会生涯学習推進課の非常勤職員1名が参加されました。職員の方々は民間に熱い思いを持った人々がいることを市役所職員にもっと伝えていく必要があると感じたと言われました。
金品の支援は無理でも、担当職員の方々が私たちの活動を理解し、支援する心を見せてくれるだけで私たちも心強く前向きになれることが多々あります。3人の方々の言葉を嬉しく感じました。

下の写真はあすなろさんが持ち寄ったお菓子を銘々に分けてくださった入れ物です。
帰りにあすなろさんの農作物を分けていただきました。
a0145216_1743453.jpg

[PR]
by aifukukon | 2010-11-11 17:44 | あず・すまいる