みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

かながわ子ども・子育て支援活動交流フォーラム

10月29日、横浜メルパルクを会場に
かながわ子ども・子育て支援活動交流フォーラム、
第4回「かながわ子ども・子育て支援大賞」表彰式
~活動の実りを確かめ・深め・高めあう、秋のつどい~

という、長が~い名称の会が開かれ参加してきました。

午前10時から12時まで4つの分野に別れ交流会が行われました。
①「子ども・子育て支援活動の継続と行政・企業との連携をめざして」
②「特別な支援を必要とする子どもへの支援をめぐって」
③「子育ての孤立化防止、虐待防止の支援とは?」
④「子育ち・親育ちで共に育てあう支援のあり方」

懇話会は②の会場で報告しました。
たった3分間の報告で言い尽くせませんでしたが、児童部会が力を入れている
放課後の居場所作り「すまいる広場」を補助金が無くなる来年どうするかが課題
であること。行政との連携がはかれないことなどを報告しました。

同じような事例や、解決策を知りたかったのですが話し合いはありませんでした。
その後は3班に別れグループワーク
みんなで模造紙に支援の木をつくり

a0145216_22233358.jpg

団体の課題や支援の問題点、悩みなどをポストイット
に書き貼り付けて完成させました。

a0145216_22271633.jpg



午後は大賞の表彰式と記念講演会、全体交流会と続きました。
「鎌倉の手をつなぐ育成会」が奨励賞を受賞していました。
受賞対象の活動概要は『昭和29年から知的障害児の親たちが活動を開始、平成12年から障害児の余暇活動に取り組み、「音楽療法」「体験型野外活動」「工作等」「和太鼓」「プール活動」等を提供。平成21年からは「のんびりスペース大船」運営を受託し、学校送迎を伴う放課後等余暇支援事業を展開中』というものでした。
愛川福祉懇話会が進めている事業と同じようです。

帰りに県障害福祉課に事務局を置く、(財)神奈川心身障害児福祉基金財団」の担当者と
お会いし、来年度の障害児放課後支援事業助成について話を聞いてきました。

出来れば来年申請して「すまいる広場」を継続させたいと思います。
[PR]
by aifukukon | 2010-10-31 22:47 | 愛川福祉懇話会