みんないっしょ!

aifukukon.exblog.jp
ブログトップ

すまいる広場開催

          児童部会「すまいる広場」
          6月15日2時~5時  楠公民館

今回は保育者が4人も集まりました!
子どもたちが学校から帰ってくるまでの間に、保育者と母親で話し合いの時間を持ちました。

保育者から、
 "お母さんたちがこの広場に期待しているものや、将来的にどのようにしていきたいのが伝わってきていない。保育者のことを知らず、信頼感を持てなかったら預けるの不安でしょ?お互いを知る努力をしましょう” 
 と提案されました。
母親たちは、
 短期間の間にこの事業が始まったため、気持ちの準備ができないまま参加したこと、
 家族の入院や、おじいちゃんを介護した時に子どもを預かってもらうところがなかった辛さ、今後の不安など、
 自分の気持ちを率直に話しました。
  
この話し合いの中で、保育者から次のようなうれしい言葉をいただきました。
  子供たちに対して、
    ”この広場が、学校でもない、家庭でもない、自分を大事に思ってくれる人がいて
    安心して遊べるすごく楽しいところと思って欲しい。”
  親に対して、
    ”仕事でなくても、用事があるからでなくてもいい。気晴らしがしたい、自分一人で
    ショッピングをしたい、映画を見たいという理由でも預かる気持ちがある。”

今後も協力して子どもたちの笑顔をいっぱい咲かせたいです。

遊びのルールがひとつ決まりました。
  1.ブログで紹介した台車遊びは、危険が伴うことがあるので、1台だけ使用する。
    その際、他の遊びをする子は和室や外で遊ぶ。
  安全に遊ぶことが第一条件です。

台車に二人で乗った幼児と小学生が、顔を見合わせてニコニコする姿に周りの大人たちも笑顔でした。
[PR]
by aifukukon | 2010-06-16 10:25 | 愛川福祉懇話会